赤城の「さくらの広場」で

昨日は絶好の行楽日和になって、道路がどこも混んでいた。
車の中で無駄な時間を使いたくないので、空いていそうなところに行った。
赤城山の中腹の「さくらの広場」。人気スポットではないのですんなり行けた。
麓よりは少し秋も早くて、秋らしいものが撮れた。
ここは何度か来ていたのだけれど、ツリバナが今年は例年になく目立った。
たまたま立ち寄った時の頃合いで、旬が微妙に違うのかもしれない。
毎年同じものが同じように見られるとは限らないように。




      ツリバナの果実が割れて、中から赤い仮種皮が顔をのぞかせる。秋だなぁ。
c0305565_17492186.jpg
c0305565_17493160.jpg
c0305565_17493924.jpg




      ニシキギの実も果皮が割れて、中から赤い仮種皮が二つずつ並ぶ。
c0305565_17495580.jpg




     ノブドウも色づき始めていた。
c0305565_17501115.jpg




      和製ホップのカラハナソウ。ビール作りにはイマイチだったとか。
c0305565_17502702.jpg




       ナナカマドの実が赤くなっていた。紅葉はもう少し先のようだ。
c0305565_17504326.jpg




      シロヨメナかな?野菊は似て非なるものが多く、同定は難しい。
c0305565_17510315.jpg




      アキノキリンソウは、山道を歩くと良く出会う。
c0305565_17511387.jpg




      ツタウルシの葉が、色とりどりに染まっていた。
c0305565_17515842.jpg



      オスの性標が1本しかないから、クモガタヒョウモン。初めまして、だった。
c0305565_17521143.jpg




     もうほとんど鱗粉が無いようなスジグロシロチョウは、まだ頑張っている。
c0305565_17521950.jpg

Commented by Sippo5655 at 2015-09-23 21:36
結実の季節ですね。
あんなに暑かった夏はどこへやら・・
クモガタヒョウモン、、
私はこの子の産卵に出会いました。
春先に産まれた子が、晩秋まで生きるんですよね
もうひとり、いたのはやはりクモガタヒョウモンの♂だったのかなあ、
翅はもうボロボロで、
この子に限らず、みんなボロボロの翅。
でも、残された翅で、精一杯秋空を謳歌してました。
Commented by Lapis-k at 2015-09-23 22:20
ツリバナの果実は今にも零れ落ちそうですね。
良い出会いがありましたね。
ニシキギの実も綺麗です。
我が家のハナミズキも葉が色づき始め、秋が近いのを知らせてくれます。
Commented by h6928 at 2015-09-24 09:28
sippoさん こんにちは~☆
実りの秋、ですね。食欲の秋にも繋がってしまいます。
このクモガタヒョウモンは擦れていなかったので、きっと暑い間は夏眠していたのでしょうね。
この辺はミドリヒョウモンが多くて、
この日もミドリちゃんと思いこんでいて、見過ごしていたのもありそうでした。
女の子もいたかもしれません。
以前、ツマグロヒョウモンの産卵シーンを見ましたけど、
食草からけっこう離れた場所にも平気で産んでしまうのですね。
クモガタさんも直接産まないことがあるそうですね。
大丈夫なんでしょうか???孵化したら、いきなり試練に直面しそうです。
Commented by h6928 at 2015-09-24 09:37
Lapisさん こんにちは~☆
ニシキギ科の果実は、それぞれに趣があって、これからの季節は楽しみです。
中でもツリバナは、思いがけないところで出会うと嬉しいですね。
マユミがまだ少し早かったのはちょっと残念でしたけど、楽しみが先に伸びました。
ハナミズキも紅葉と赤い実は楽しみですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2015-09-23 18:47 | 季節もの・中秋 | Comments(4)