ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

雨っぽいときは100mmマクロ(07/18)

昨日までしっかり雨が降ってくれた。
その雨の間隙を縫って写真も少しは撮っていた。
180mmは暗いときにはブレが心配だし、長い分濡れる心配もある。
だから、やっぱり100mmマクロがいい。
雨は止んでいるからと言って、まるっきり安心はできない。
さらに、ほとんどの虫たちは雨を避けて出てこないから、ほかを探すしかない。
苦し紛れに何でもござれ写真も撮ってしまう。。。




     まっさらなアカボシゴマダラがいた。
c0305565_18114410.jpg




     近くを探すと抜け殻があった。ここで羽化したのだ。
c0305565_18115405.jpg




     クビキリギスかな?まだ幼虫。
c0305565_18121251.jpg




     クヌギの幹に生えた、ちっちゃなキノコ。
c0305565_18123438.jpg
c0305565_18124667.jpg




     サオトメバナたち。中には旬をすぎたのも混じるけど。
c0305565_18130136.jpg




     実が充実し始めたひまわりは、恥ずかしげにうつむくのだった。
c0305565_18131245.jpg




     コムラサキは枝の元から順番に咲いてくる。
c0305565_18133478.jpg




     クワの仲間の葉は、いろんな形がある。カジノキの若葉は、怪しい顔。
c0305565_18134888.jpg




     広角の風景はこんな風にすれば撮れなくもないかな?
c0305565_18140251.jpg

Commented by koneko3y at 2015-07-19 22:09
コムラサキはころころと小さい緑の実になっています。
雨が降っている最中に写したのですね。
アカボシゴマダラの蛹ってこんな形なのですね。
蝶は写してもその蛹の形をほとんど知りません。
Commented by h6928 at 2015-07-20 07:07
konekoさん おはようございます~☆
やっぱりそちらはコムラサキも早いのですね。
小さい緑の実もかわいいですよね。
チョウたちは、幼虫が蛹になるときに一生懸命遠出をして、
見つからないようにしているので、
蛹って見ないことが多いです。
今度も、チョウがいたから抜け殻も見られました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2015-07-19 18:46 | 季節もの・梅雨時 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風