ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

キツネノカミソリ花盛り

  地元紙に「キツネノカミソリがいっぱい咲いている」旨の記事があった。
 太田市の天神山古墳だ。カラー写真で紹介されていたが、確かに凄い数だった。
 それなら行ってみようと思い立ち、猛暑の中を向かった。
 車外気温は42℃を示している。エアコンの効きも心許ないくらい暑い。
 駐車場から少し歩かねばならないのだが、熱中症になりそうだった。


① キツネノカミソリをこんなに集団で撮った事は初めてだ。
c0305565_1831864.jpg



② 木漏れ日に当たった花は、鮮やかに浮かび上がる。
c0305565_183231.jpg



③ こんな環境の元に群生している。写真には撮りにくい光りの具合だ。
c0305565_1832492.jpg



④ コントラストがきつすぎる・・・・。
c0305565_18333155.jpg



⑤ 語源のカミソリのような葉は、花の時期には見られない。やっぱりヒガンバナ科だね。
c0305565_18341987.jpg



⑥ 陽の当たらないところで咲いているのは、落ち着きがあって、なんかイイカンジィ~♪ 
c0305565_1835666.jpg



⑦ 古そうなお堂もあり、落ち着いた雰囲気の中で群生している。 
c0305565_1837657.jpg



⑧ 花の一つ一つは清楚で、華やかさとは無縁なようだ。ヒガンバナやナツズイセンにも似ている。
c0305565_18385412.jpg



⑨ 古墳の同じ敷地内にキタマゴタケが出かかっていた。残念ながら卵の殻の部分は木の葉に隠れて見えない。
c0305565_1841132.jpg

Commented by koneko3y at 2013-08-10 22:21
キツネノカミソリの花色が鮮やかですね。
私も今日はキツネノカミソリですが、こんなにも鮮やかな花色では
ありませんでした。ちょっと時期が早かったのですが、日程が
とれなかったので、先週写してきました。
キタマゴタケの全体像が見たかったです。
Commented by h6928 at 2013-08-10 22:48
konekoさん こんばんは~☆
ブログ、拝見しました。なかなかステキな内容でした(^_^)v
キツネノカミソリは、好きな花の一つなのですが、
写真にするにはなかなか思うようにはいかないので苦労しています。
キタマゴタケは、たまたまこれしかなかったので・・・ごめんなさい。
キノコの写真はラッキー勝負なので、どう出会うかで運不運が分かれてしまいます。
成長すると、ベニテングタケの黄色いバージョンみたいになるんですけどね。
天候とかチャンスとか・・・・・・難しいです。
Commented by nenemu8921 at 2013-08-11 09:00
こんにちわ。
わあ、キツネノカミソリ、群落があるのですね。いい雰囲気ですね。
アップもすてき。
でもこの花はほんとうに撮影が難しいですね。
私もすごい暑さなの中で、毎年千葉市郊外の森で撮りますが、なかなか思うように行きません。
TBさせていただきました。一昨年の画像です。

すごい暑さの日が続いていますね。
群馬は格別に熱そうですね。
今日、まえばしへ帰る予定でしたが、交通情報と気象情報に怖気づいてしまいました。
少し時期をずらして行くことにしました。
Commented by nonohana28 at 2013-08-11 14:47
こんにちは~♪
もう天気予報を見るのもイヤになります。
暑いですね><
残暑お見舞い申し上げます。
キツネノカミソリの群生はすごいですね。
そして、とっても綺麗に撮られて赤い色なのにちっとも暑く感じませんね。
そう言われてじっくり見ると⑧は
ナツズイセンやヒガンバナに似ていますね。
Commented by h6928 at 2013-08-11 18:33
nenemuさん こんにちは~☆
TBも拝見させていただきました。さすが、上品に撮影されていますね。
泉公園ですか・・・クヌギの木ですか、いっぱいあって里山っぽいですね。
こういう風景が残されているって貴重ですよね。

群馬は相変わらず猛暑。今日は夕立があって少し助かりました。
Commented by h6928 at 2013-08-11 18:40
nonohanaさん こんにちは~☆
残暑お見舞いもありがとうございます。
今日も暑くて寝苦しくなるかな?と心配していたら
ちょっとした雷雨が通り過ぎて、一気に涼しくなりました。
たぶん野山の生き物たちも一息ついた事でしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2013-08-10 19:25 | Comments(6)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風