ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

クルミマルハバチ(?)の幼虫さんです

  群馬の森にはオニグルミの大木が何本もあり、今時分の頃になると不思議な虫に出会える。決まってオニグルミの木にいるか、あるいは下の地面に落ちている。

  毛虫のようだが、毛のように見えるのはボロボロと取れやすく、ヌードになってしまうとイモムシのよう。最初はチョウやガの仲間と思って調べてみたら、該当するのがいない。

  良く見ると腹脚というおなかに付いている脚が7対ある。これはチョウやガではないぞ、ってことで調べなおしたら、どうやらハバチの仲間の幼虫らしい。で、たどり着いたのがクルミマルハバチらしいとの結論。この虫の成虫が掲載されている文献は残念ながら探しうる範囲では見たことがない。

  群馬の森には相当数の数がいるから、個体数に関してはレアではないはず。このブログに到達した人で、詳しい情報を持っている親切な方がいたら、是非教えていただきたいものだ。


c0305565_18151233.jpg

  こっちを向くと小さな黒い目が結構可愛い。


c0305565_1816577.jpg

  木の下に落ちていた。必死で上ろうともがく。

c0305565_18174675.jpg

  白い毛のようなものは、体から分泌する蠟物質とのこと。

c0305565_18184354.jpg

  落ちて、はい上がろうと必死。顔はあどけない。

c0305565_18211034.jpg

  これだけアップになると、いっそう可愛い(?)

c0305565_18282747.jpg

  幹を歩く。落ちていたのを試しに助けてあげた。力尽きて死んでいる個体もたくさんいた。
Commented by nenemu8921 at 2013-06-03 08:54
クルミマルハバチですか!!
初めて聞きました。拝見しました。
自然界は底知れないですね。
オニグルミは花も実もいいなと思います。
宮沢賢治の作品に度々登場するので。
Commented by h6928 at 2013-06-03 20:07
調べてみると、これに似た幼虫が何種類かあるようですね。
ハバチの仲間ってあまり縁がなかったから、たどり着くまでにはたいへんでした。
自然界の奥の深さはほんとに実感!!ですね!(^^)!
宮沢賢治とオニグルミの縁は知りませんでした(?_?)
Commented by 添え状 at 2013-09-21 11:47 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by h6928 at 2013-09-21 18:05
添え状さん こんばんは~☆
だいぶ前の記事にお越しくださってありがとうございます。
今年はなぜか不思議なものに良く出会うので楽しいです。
ぜひ、またのお越しを(^_^)/~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by h6928 | 2013-06-02 19:07 | Comments(4)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風