ブログトップ | ログイン

星の小父さまフォトつづり

高地で早めの秋を浴びに


昨日 ( 09/19 ) は、ヒガンバナとは違う秋ものを探しに、
渋川市にある「群馬県憩の森」に行ってみた。

朝のうちは曇っていたけれど、日中は良く晴れて平地の気温はぐんぐん上がる。
その分、高地で森を歩くには標高が高い分気温も低く、快適。

さすがに真夏の頃と違って、顔の周りにやって来る不快な虫も少ないのが良い。
そういえば歓迎したい虫もいなかったか。

ヒトツメカギバはそこそこ目についたのになぁ、それだけじゃ寂しいや。
ともあれ、高地で少し早めの秋に浸るのは気持ち良い。





   今年はいっぱい見た付いていたツリバナ。まだ割れていない。
c0305565_17423189.jpg




c0305565_17424141.jpg





   別の赤い実は、ウメモドキ。緑に映える。
c0305565_17425683.jpg






   ミズヒキは何度も挑戦しているのに、いつも手こずらせてくれる。
c0305565_17431585.jpg




c0305565_17432435.jpg






   ハナタデという名前のくせに、あまり華が無いなぁ、って?!
c0305565_17433671.jpg






  ツリフネソウは群落になって咲いていたけれど、一輪だけで撮りたくなる。
c0305565_17435600.jpg






   秋の山道に多いヤクシソウ。こう撮ると寂しげな風情。
c0305565_17442125.jpg






   実際は、こんな風に賑やかに咲くのがほとんど。
c0305565_17443176.jpg






   シラネセンキュウは、繊細かつ豪快な両面を併せ持つ。
c0305565_17444802.jpg






   高い位置に生えていたのを、下から見上げて撮ったら、こんな。
c0305565_17445835.jpg





   なんか、とても上品に見えるガ。ヒトツメカギバの休息中。
c0305565_17451494.jpg

# by h6928 | 2017-09-20 18:43 | 季節もの・中秋 | Comments(2)

写真を中心とした気ままなミニエッセイ風